いっつも長居しちゃう野球ブログに
ちょっと前興味深い記事が上がった。

指導者、スポーツ界のモラルハザードの悲惨さ
今の日本スポーツ界の病理は深い。指導者たちは、選手の健康よりも、ルールを順守することよりも、目先の勝利を求めているのだ。(中略)こうした指導者をスポーツの現場から引き離さない限り、何個メダルをとろうとも、日本はスポーツ後進国だということになるだろう

全日本中、素晴らしい演技の数々とは裏腹に
もやもやとした苛立ちを覚えたので、それについて書こうと思う。

あ、昌磨の怪我のことじゃありません。
それについては言いたいことが658492個くらいあるけど、今は別の話。


ちょっと前、女子レスリングのパワハラ問題でワーワー騒いでいた時も
「あれぐらい厳しくしないと勝てないのだから」
とか
「結局勝てる指導が求められるんだ」
とか言う人、うようよいたよね。

昌磨についても、いつも2位のくせにとか、勝つためには海外のコーチつけろとか言うひと、いるよね。

それから正直この全日本で1位の昌磨より高橋大輔の方が報道多くてもやってる昌磨ファンも、いるよね。

あと推し選手の成績が振るわなくてイライラしてるファンも、いるよね。


そういう人たちにいっぺん聞いてみたい。

スポーツの目的とはなにか。

社会に「スポーツ」というものが存在する意義はなんなのか。

昌磨はちゃんとわかってる。

「スポーツは真剣勝負の先にある美しいものだと信じている」

昌磨が試合に求めてるものは「その先の美しいもの」

勝利というのは、それを手にするための1手段、あるいは美しいものに付随してくるおまけに過ぎない。

昌磨はちゃーんとそれを解ってるし、実践している。
なぜならみほことまちこがそうやって育てたから。


わかっていないのは
一部のファンとマスコミの方だ

今回昌磨よりも高橋大輔選手の報道が多いのは、私は別に変に思わない。

なぜなら彼は「その先の美しいもの」を今大会で達成した人だからだ。
彼の活躍を目の色を変えて喜ぶ三十路おやじを私は何人も知ってるよ。

じゃぁ昌磨は「その先の美しいもの」を手にできなかったのかって?
そんなわけない。私は昌磨のFPだけでもう10回泣いてる。
でも昌磨がこれから成し遂げる「美しいもの」は
まだまだこんなもんじゃねぇんだわ。


そしてその「美しいもの」は
勝利という結果でも
マスコミや新聞からの高評価でもない。

どうしてわからないの。
目先の勝利を求めてしまっているのは、
新聞やテレビでの称賛ばかりを気にしているのは、
そういう方向に選手やコーチを駆り立てているのは、
私たち1人1人、全員なんだよ。


去年の全日本、誰が何位だったかなんて既に曖昧だ。
10年後はきっと優勝者が誰かも覚えていないだろう。
けれど本郷理華のカルミナ・ブラーナを忘れることはない。

記録よりも記憶に残る演技がしたい。

選手たちはよくそういう。
この言葉こそ
最もスポーツというものの目的を表しているんじゃないのか







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ